FC2ブログ

会津若松名物のソースカツ丼

今年の秋、信州の高遠町へ旅したのだが、昨年同じ時期に行った会津若松とずいぶん、共通点があることに気がついた。
たとえば、「高遠そば」である。会津若松にも「高遠そば」があった。
そういえば、ソースカツ丼もそうだ。なんていうことを北尾トロに話したら、
「昔、高遠の殿様が会津若松に国替えになって、家臣もずいぶんついてあっちに行ったから、同じような文化があるんだよ」
と教えてくれた。なるほど、距離の離れたふたつの地域に共通項があったんだね。
というわけで、去年の秋、ソースカツ丼を食べた会津若松の「若松食堂」さんの画像や記事などをさがしてみた。
ご飯の上にキャベツを載せ、その上に甘辛いタレがつけられたカツがあったあの丼を
写真を見ていると思いだしてきた。また食べに行きたいなぁ。
ってか東京でどこかおいしいソースカツ丼を出す店を探してみようかしら。。。

会津若松城を歩き、ソースカツ丼を食べる
会津若松を散歩しようと電車に乗った。JR西若松駅で下車し、鶴ヶ城まで歩く。立派なお城を見学したあと、会津名物のソースカツ丼を食べに若松食堂へ。そこから会津若松駅まで歩いた。
[All About(オールアバウト)]

下関マグロの日記-ミニソースカツ丼
下関マグロの日記-ソースカツ丼郷土料理御膳
下関マグロの日記-メニュー
下関マグロの日記-たくさんのメニュー
下関マグロの日記-若松食堂

若松食堂 定食・食堂 / 会津若松駅七日町駅


スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

ナポリタン発祥のお店はシーフードドリアが美味しい

横浜にはいろいろな発祥があるけれど、日本で最初にナポリタンが出されたお店なんていうのもある。
氷川丸を正面に見ることができるホテルニューグランドの本館一階にある「ザ・カフェ」がそのお店。
ナポリタンをいただいたけれど、おいしいのだが、これがナポリタンかといわれると違うような気がする。
値段は1575円。けっして安くはない。
お店の人によれば、シーフードドリアもここが発祥とのこと。そちらもいただいた。おおお、濃厚な味わい。これは固定概念がないせいか、実に美味しくいただけた。

下関マグロの日記-ザ・カフェ ナポリタン
下関マグロの日記-ザ・カフェ シーフードドリア

ザ・カフェ カフェ / 元町・中華街駅日本大通り駅石川町駅




ナポリタン発祥の店から横浜を歩く
横浜には、日本で最初に云々という場所が多い。ナポリタンもそのひとつだ。今回はナポリタン発祥のお店に寄り、横浜の町を散策することにした。
[All About(オールアバウト)]

恵比寿散歩のついでにハンバーガー

散歩しながらいろいろなものを食べてレポートをする「下関マグロの散歩生活」で紹介しようと思ったのだけれど、
訪問したのが去年の12月22日とあまりに古かったんで、こちらでその裏話とともに紹介しようと思う。

オールアバウトの「山手線を歩く(外回り)恵比寿~原宿」の記事を書くために何度も恵比寿を歩き、そのときに見つけたのが「BLACOWS (ブラッカウズ)」というハンバーガー屋さん。
$下関マグロの日記-BLACOWS (ブラッカウズ)
入り口に「黒毛和牛バーガー ブラッカウス」の文字。で、その下に「By Yazawa Meat」とある。肉屋さんがやっているということなんだろうか。と、入り口でたたずんでいると、中から、お店の男性が「どうぞ」と招き入れてくれたので、フラフラと入店。時刻はお昼の11時52分。
着席すると、元気のいい女性の店員が注文を取りにきた。メニューを見ると、けっこうお高い。
なにを頼んでいいかわからず、「人気は?」と聞けば、1300円のアボカドバーガー。それにプラスして、200円でジャスミン茶を頼んだ。最初にサラダ登場。

12時をまわると次々とお客さんがきて満席。12時7分にアボカドバーガー到着。一口囓ると、濃厚な味わいが口いっぱいに広がる。うまい。まさに肉々しい!
$下関マグロの日記-BLACOWS (ブラッカウズ)
$下関マグロの日記-BLACOWS (ブラッカウズ)アボカドバーガー

BLACOWS ハンバーガー / 代官山駅恵比寿駅中目黒駅

浜松町のステーキハウス 梶 (カジ)

知らない土地などを散歩していて、ふとランチを食べたくなったら【食べログ】で検索すると便利だ。
地域を入れ、ランチなどで検索すると点数順に出てきたりする。
点数が高いからといって、必ずしも自分の舌に合うというわけではない。
しかし、ひとつの目安にはなるだろう。
浜松町を散歩していて、どこかでランチをしたいと思い、食べログで検索するとこの「ステーキハウス梶」が高得点で出てきた。

とりあえず、店の外観を見て決めよう、そう思って行ってみたら、
ああ、ここは以前きたことがあるぞ。悪い印象ではないが、具体的にどういう味だったか思い出せない。
表に貼られているメニューを見ると、ランチは1500円と2500円の2種類。肉が120gか180gの違いである。
店内は10人も座ればいっぱいになるカウンター席。ちょうど昼時でほぼ満席だったが、1つだけ空いていた席に着席。「1500円のほうで」とお願いする。

手際よく肉が目の前の鉄板で焼かれ、味噌汁やご飯が提供される。
トータルな食事として、完成されている。
非の打ち所がない。ご飯、味噌汁、お肉などどれもおいしい、バランスもいいね。
なんだかいい気分で店を出た。また行きたい!

山手線(外回り)を歩く新橋~浜松町
山手線を新橋駅から浜松町駅まで歩く。「ゆりかもめ」のレールを見ながらその下を歩き、途中、「ステーキハウス梶」でランチを食べ、浜松町駅へ。
[All About(オールアバウト)]



下関マグロの日記-ステーキハウス梶 外観
下関マグロの日記-ステーキハウス梶 メニュー
下関マグロの日記-ステーキハウス梶 ステーキランチ 1500円
下関マグロの日記-ステーキハウス梶 脂身ともやし

ステーキハウス 梶 ステーキ / 大門駅浜松町駅竹芝駅

名古屋で味噌煮込みうどん初体験

名古屋で仕事があり、新幹線で向かう。
仕事を終えて、先方の会社の方に名古屋名物をなにか食べて帰りたいのだがと告げると、
「そこの味噌煮込みうどんは有名ですよ」
とのこと。店はすぐにわかった。呉服町通りから白川通へ曲がったところに
「山本屋総本家」という大きな看板があった。
暖簾をくぐって入ると、店内は満員。
時刻は午後7時。普通の味噌煮込みうどんを注文。ついでのご飯も!
まわりを見ていると、うどんを鍋焼きのフタへ移して食べている。
真似してみた。で、うどんをすすると、あれっ、
おかしいぞ。煮込みうどんなのにまったく煮込まれてないんじゃないのか。
紐を食べているような感覚。
まあ、もう少し食べてみよう。
おおおおっ、なんだかだんだんおいしくなってきたぞ。
ズルズル食べる。
おつゆをご飯にかけて食べる。
ぷはーっ、うまい!
新幹線の時間があるので、急いで会計をして出た。
東京に戻っても、あの味噌煮込みうどんがずっと気になっている。
また食べたい!
$下関マグロの日記-山本屋総本家

山本屋総本家 本店うどん / 矢場町駅栄駅(名古屋)栄町駅

夜総合点★★★★ 4.0

プロフィール

下関マグロ

  • Author:下関マグロ
  • どうもぉ。
    下関マグロです。
    お仕事の依頼はこちらへお願いします。

    MAIL
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク